キャッシングの限度額の仕組み
限度額

キャッシングの限度額の仕組み

キャッシングの申し込みを一度に複数出したという経験がある方は、業者によって限度額の違いがあると不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。
限度額は業者それぞれが決定することで審査の仕方などによって違いが出てきます。

こちらの業者は30万円という限度額がついた、別の業者は50万円の限度額だった、などかなり金額に違いが出てくることも多いです。
業者によっては初めての申し込みの場合、金額設定が低めで、返済を数ヶ月行って実績ができると、枠を希望額まで上げてくれるという場合もあります。
この限度額の設定ですが、申し込みを行った方の年収や家族構成、勤続して入り企業の規模や勤続年数、さらには住居や住宅ローン、自動車ローンの有無、貸金業者からの債務があるかどうかなどによって決まるものです。

キャッシング業者のホームページには限度額300万円など金額の設定がかなり大きく載せられていますが、これは、そのキャッシング商品の最大限度額、という意味で、誰もがその金額までめいいっぱい借り入れできるか、というとそういったことはありません。
一般的に初回は、50万円くらいが限度でしょう。
限度額の違いは業者の審査によっての違いなので、だいたい、一般的には初めての場合多くて30から50万円と考えておけばいいでしょう。


このページの先頭へ