キャッシングで行われる審査の詳細
限度額

キャッシングで行われる審査の詳細

キャッシングを利用する場合、審査をうけ、審査を通らないとお金を借入することができません。
このキャッシング審査は、キャッシング業者がそれぞれに審査項目を設け行っていますが、基本的には属性、信用情報、書類などの審査になります。

この中で借り入れできるかどうかの大きなポイントになるのが信用情報です。
信用情報は個人信用情報機関というところで管理されていて、いくつか機関がありますが、ほとんどがリンクしています。
以前は貸金業、銀行業、信販業などが利用する信用機関が分れているような状態でしたが、現在は全ての情報を確認できるようになっているため、借り入れをしたいと思う方の借り入れ状況はすぐにわかります。

信用情報機関では、借り入れの初回契約から返済の履歴、完済した履歴、また延滞や金融トラブルとなる債務整理、自己破産などの情報も掲載されています。
トラブル情報については、債務整理で5年ほど、自己破産で7年ほど情報が掲載されるといわれています。

借入に関するすべての情報が網羅されているこの情報を確認し、そこに属性や書類、本人確認等の審査を行い、総合的に判断され、審査に通るか通らないか決定します。
審査については、虚偽の申告が何よりも信用を失う事になりますので、債務があっても正直に申告していくことが必要です。


このページの先頭へ