キャッシングの利息
限度額

キャッシングの利息

以前よくグレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
今は利息制限法に沿って金利が借入金額に応じて決められていますが、以前は利息制限法と出資法という法律がありました。
利息制限法には刑事罰がなく、出資法には刑事罰があったため、利息制限法の上限以上、出資法の上限を超えない金利による貸し付けが非常に多かったのです。
この利息制限法と出資法による曖昧な金利をグレーゾーン金利と呼んでいました。

現在は利息制限法に沿った金利となっていますので、金額に応じて15%から20%の中で金利が設定されています。
出資法が利用されていたころは出資法上限金利が29.2%ですから、利息制限法よりもかなり高い金利が課せられていたという事になります。
この支払杉の金利については債務整理、また返済終了後に過払い金請求を行う方が多くなっています。

キャッシングの場合、無保証人無担保の貸し付けとなるため、もしも返済不能となった場合を考慮して、金利を高く設定しているという部分もあります。
もちろん銀行とは違いノンバンク系のキャッシングで直接融資ではないという事も金利の差につながります。

キャッシング業者によって金利に違いがあるため、金利の確認を必ず行う事はとても重要な事です。
返済途中、金利が安い業者に借り換えを行う人も多くなっています。


このページの先頭へ