キャッシングの失敗の防止
限度額

キャッシングの失敗の防止

キャッシングで失敗した、というのは、やはり返済不能で債務整理になってしまったり、自己破産にまで追い込まれた場合などでしょう。
返済できないと思ってキャッシングを利用される方はいないはずです。
絶対に返済できるだろうという将来の所得を見越して借入を行うのです。

毎月1万円ずつ返済すればいいと思っていたけれど、まだ枠があるからと無計画にお金を利用してしまってはドンドン債務が膨らむ一方です。
不思議なもので初めて借金をした際には早く返済しなければと思うものですが、これが慣れてきてしまうと、どうせ借り入れしているのだから、借金は同じこと、いくら借りても同じか?などと気が大きくなり、債務が支払えないほど大きくなってから、はっ!と返済できないことに気がついたりするのです。

計画性を持って利用しましょう、と、キャッシング業者のコマーシャルでしつこいほど流れています。
これは、計画性を持って返済できるという事を軽く考えず、自分の返済計画を詳細に練ってから本当に返済できる状態で借り入れを行ってほしいと考えているからです。

キャッシングに失敗すれば、債務整理や自己破産など金融事故の当事者となってしまう事も少なくありません。
そうならないように、無計画な借り入れはしない、と心に誓っておくべきです。


このページの先頭へ