キャッシングと借金の違い
限度額

キャッシングと借金の違い

キャッシングと借金、いずれもお金を借りるという意味では同じ意味です。
でも、相違点があります。
キャッシングの場合、業者と借り入れの契約を結びお金を借りるということで、借金というのはもっと幅広い意味があります。

借金する場合、業者から借り入れするという事もそうですし、例えば親などの親族からお金を借りることも同じです。
またお友達など知りあいからお金を借りることもそうですし、飲み屋などで飲み代を支払っていないという事なども広い意味で借金です。
自動車ローンや住宅ローンなど銀行から大口の融資を受けるという事も借金の一つです。

個人から、法人から、業者からという「誰から借り入れしているか」「契約を交わしているか」などに関係なくお金を借りることを借金する、といいます。
キャッシングの場合、貸金業者と借り入れの契約書を交わし、その上でお金を借りるという意味になります。
個人からの借り入れとは違い、収入証明などの書類が必要になる事もありますし、カードを利用して借り入れをするなど、個人から借り入れする場合と違いがありますが、これも借金という大きな枠の中の一つです。

いずれにしても借金がある、キャッシングの利用がある、という場合、借りたものは返すことが必要ですし、お金を借りるという事について変わりはありません。
相違点があっても最終的に借りたものはしっかり返すのが当然です。

このページの先頭へ