キャッシングで返済が不可能な時
限度額

キャッシングで返済が不可能な時

生活費が足りないとか、旅行に行きたいとか、どうしても欲しいものがあってキャッシングを利用したとします。
お金を借りる行為、ということは理解していますから当然、返済する気持ちがあるはずです。
でも、返済する時になって、何かハプニングが起きて返済する資金を用意できないとなったら?・・・これはかなり焦るでしょう。

もし、どんな理由にせよ、返済予定期日にお金を用意できず、返済ができないという場合、まず最初に行う事は、キャッシング業者への連絡です。
どうして返済ができないのかという理由と、いつ返済しますという期日などをはっきり伝えましょう。
この申し出があるとないとでは、「信頼感が全く違う」のです。

確かに約束した期日に返済できないという事になると、連絡しにくいでしょうし、すぐ返せと言われたらどうしようと不安になるでしょう。
でも、お金を借りているのですから返済は義務です。
その義務を怠るのですから相手に連絡して理由を伝えるのは大人としての責任です。

キャッシングの業者に連絡し相談しましょう。
払えないという理由がしっかり伝われば、柔軟な対応をしてくれる業者が多いです。
何もせずそのままにしておけば延滞金がつき、それが継続すれば金融トラブルとなるため、個人情報機関にマイナスの評価が載ることになります。


このページの先頭へ