キャッシングの金利会社の相違点
限度額

キャッシングの金利会社の相違点

キャッシングを利用される場合、本当に今日中に必要という事になると金利など気にしている場合じゃない!!という気持ちになるかも知れません。
でも後でキャッシングで苦しむのは自分です。
キャッシング業者によって金利の設定に違いがありますので、どの業者を選択するか、その業者のどの貸し付け商品を利用するかによって返済総額に違いが出てきます。

例えばある業者は金利が7.8%から9.8%とかなり低い設定です。
銀行系のカードローンなどは金利がかなり安くなります。
ただ消費者金融の中にも借入金額が大きい場合、5%以下という金利の設定を行っている場合も多く、借入金額によって業者を比較するという事も必要となってきます。

金利という面だけを考慮するのなら、銀行系、信販系、消費者金融系といわれてきましたが、今、信販系と消費者金融系はほとんど差がなく、銀行系もその銀行によっては消費者金融とほとんど変わらない金利というところも少なくありません。
銀行は金利が安いという神話も消費者金融の金利が下がってきたことで大きな魅力と感じなくなってきています。

金利が10%以下という場合と金利が15%以上という場合では、返済総額に大きな差が出てきます。
自分が返済していくのですから、金利についても詳しく比較検討しておくべきです。


このページの先頭へ